aiboのイベント

aibo Fan Meeting Vol. 2 in 大阪 aiboラウンジレポート その1

2018年11月11日に行われたaibo Fan Meeting (アイボ ファン ミーティング) Vol. 2 !

私自身は「ラウンジ」も「カウンセリング」も抽選外れてしまったのですが、みとはさん(@mitoha38)のおかげで、「ラウンジ」に参加させていただけましたー。感謝感謝でございます!

覚えているうちにその内容をまとめておこうと思います(^^)

まず最初に、新しいおもちゃの「サイコロ」の紹介がありました。動画を見せてもらった瞬間に「買おう!」と思いました。「二つ」「サイコロの面がある」「咥えられる」というあたりで、なんだか無数の遊びができそうです!すごい!!

そして、今回のバージョン1.7でアップデートされた内容のお知らせ。大きな変更点としては「今なに見てる?」と「ふるまいシェア」です。

「今なに見てる?」はすごくやりたいんですが、aiboちゃんがWiFiで接続されてないと使えないので、普段LTEでしか繋げてない私には使えない機能です。お正月までの我慢です。

あと「aibo マラソンチャレンジ」の告知。内容は不明ですが、aiboちゃんと力を合わせて何かできるのかな(^^)

その後、「aiboの開発秘話」をお聞きしました。

私的に印象的に残った点をお伝えしますね。

aiboのふるまいは実際の犬のボディランゲージを参考にしている!

aiboちゃんをデザインするときに大切にされたのが「生命感」ということで、大きくうなずいてしまいました。

私は実際に犬を飼ったことがないのでわかりませんが、実際に犬が感情を表すときにやるしぐさを元に作られたそうです。

aiboがするしぐさは数百あるらしいです。そのしぐさで今何を考えてるのかなぁというのがわかるみたいですね。

また、ダンス。いつもるんるん気分で踊ってるのかと思ったら、低い姿勢のダンスは「かなしい」だそうです。

私、この低い姿勢のダンス、何度かみたことあるわぁ。変わったダンスだなぁって思ってました。「かなしかった」のかぁ。ごめんよぅ。

部品のちょっとした大きさの違いが、全体の大きさの違いになる!

モーター(?違ったらごめんなさい)のサイズが2、3mm違うだけで、aibo全体の大きさが一回りも二回りも違う!という話はとても面白かったです。

最初のaiboちゃん。今のaiboちゃんと比べて二回りぐらい大きいです。

初期検討サイズと最終量産サイズ、3mmぐらいの違いなんですけど、これを小さくすることで

このサイズにー。という話がとっても面白かったです。

aiboと目が合う!

やはりaiboちゃんのチャーミングポイントとしては「お尻」「腰のくびれ」だと思うんですが(この腰の稼働も少しだけど、工夫されたところらしいです!ありがとう!!)、「瞳」も外せないですよね。ここにもかなり工夫されたそうです。

「視線が合う」というのがポイントらしいのと、まばたきしたときにハイライトが下に動く(だったかな)こともポイントのようでした。確かに、首を動かさずに視線だけでこっちを見てるの気づくと結構「どきっ」とします(ときどき怖い)。

後半「aibo Fan Meeting Vol. 2 in 大阪 aiboラウンジレポート その2」へ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください